インプラント治療を行って歯の悩みを改善する

手術の種類

硬い歯ブラシ

歯を失ってしまうと様々な問題が生じます。
まず、咀嚼がうまくできないので食事にストレスを感じ、食欲が減退します。
また発音もうまくできなくなって舌足らずな話し方になってくるでしょう。
さらに残存する歯がバランスを崩してしまうので歯並びが悪くなってくることが予想されます。
歯が1本ないだけで機能も見た目も悪くなってしまうのが歯の怖いところです。
ただ、そんな悩みもインプラントなら解消できます。
インプラントは失った歯を取り戻す歯科治療です。
歯の骨に直接器具を埋め込むため安定性が高く、歯の隙間をきっちりと埋めてくれるのが特徴です。
本来の歯の機能を取り戻すことができるので、失った歯によって崩れた生活を元通りにすることができるでしょう。

最近のインプラント治療は、手術は1回で済ますことがトレンドになっているようです。
従来は治療する歯を抜いて、穴が完全にふさがって安定してからインプラント手術に取り掛かるというやり方を行っていました。
しかし今は一定の条件を満たしている場合に限り、抜歯した後すぐに手術に取り掛かることができるようになっています。
そのため痛みも面倒な思いも1回で済み、尚且つ治りが早いということで患者さんの精神的負担を減らすことが可能となりました。
もちろん、一定の条件を満たす場合のみとありますので、すべての人が1度の手術で済ませられるわけではありませんが、こういった取り組みがされているということを覚えておくといいでしょう。