インプラント治療を行って歯の悩みを改善する

メンテナンスをする

ルーペで見る

病気や怪我などで歯を失ってしまうことがあります。
ただ、ご存知のように永久歯は一度抜けたら、もう二度と生えてくることはありません。
となると歯を失ってしまった部分には空間ができ、人工的に作った歯で隙間を埋めなくてはならなくなるでしょう。
その治療に入れ歯、ブリッジ、インプラントが用いられます。
入れ歯は残存する歯に金属性のバネをかけて人工歯を装着します。
ブリッジは失った歯の両側に残存する健康歯を小さく削りその上に人工歯を被せ橋渡しをして装着します。
インプラントは歯の骨に穴をあけて人工歯根を差し込み人工歯を装着します。
いずれも人工的に作られた歯ですが、天然歯と同じ見た目と同じ機能を求めるのならおすすめされるのはインプラントです。

インプラントは他の人工歯に比べて治療効果が高いのが特徴です。
入れ歯のように金属が見えることもなく、ブリッジのように残存する歯を削る必要もありません。
また、骨に直接埋め込むことで的確に歯の隙間だけを埋めることができ、尚且つ安定性が得られます。
ただ、その反面では費用は高めになってしまうのがネックです。
インプラントは自由診療なため、各医療機関で独自に価格設定がされています。
各病院を比較してみると、1本につき10万円~50万円とかなり費用差があるようです。
安い医療機関なら10万円以下で治療してもらえることもありますが、いずれにしても治療の成功率は費用では判断できません。
相場は30万円なので、これを予算目安にして信頼できる医療機関を探しましょう。